brainstorming-2398560_640

前回は、ショップビジョンは、文字の拡散情報ということを記載してきましたが、今回は、拡散する情報をいかに、ブレずに広めるということを記載していきます。

ポイントは、以下の3つです。

  1. 覚えやすい。
  2. 伝わりやすい。
  3. 変わらない。

1つ1つを細かく説明します。

1.覚えやすい。

簡単に覚えられ、いつでもどこでも思い出せること。

2.伝わりやすい。

メンバーの中で、広まりやすい。

3.変わらない。

数多くのコミュニケーションを通しても、形が変わらないこと。


この3つの内容は、当たり前のことではあるかもしれませんが、組織が大きければ大きいほど、情報は、途中で個々の考えに変換され、全く違った情報になってしまいます。

伝言ゲームのように、1人が言ったことは、人から人へ伝わるにつれ、変化していきます。

そのために、ショップビジョンは、次のルールで作ってみてください。

「母国語20文字以内」


なぜ、母国語かというと、格好良さや響きで、英語を入れたりしたい方もいると思いますが、そもそも、英語が理解できない人もいますし、ふと思った時に、全員が英単語を正しく、記載することができる人がどの程度いますか?

英単語を入れると、文字は知っているけど、文字から受ける認識が異なることもあります。

ですので、ショップビジョンを作るときは、

  • ひらがな
  • カタカナ
  • 漢字

日本で最も疲れている文字を使用してください。
もちろん、店舗の店員が全員イタリア人です。なんてときは、ちょっと考えた方がいいと思います。

ショップビジョンの文字数は、「20文字以内」で作ってください。

20文字だと、短すぎるという考えを持った前向きな方もいるかもしれませんが、
実は、20文字でも長い方です。

川柳や俳句なんかは、「5・7・5」で構成された文字ですが、日本の有名な俳句を皆さんは、どこまで覚えていますか?

私は、国語や古文が苦手ということもあり、言われたら聞いたことがある程度です。

川柳でも、5+7+5=22文字です。


ですので、たったひらがな22文字を覚えるのも、難しいのですから、最低限、漢字も含めて、20文字以内で作ってみてください。


次回は、ショップビッジョンの内容について記載していきます。




スポンサーリンク